宝塚歌劇出身の俳優で、映画やテレビで幅広く活動した月丘夢路(つきおか・ゆめじ、本名井上明子〈いのうえ・あきこ〉)さんが3日午後1時50分、肺炎で死去した。95歳だった。葬儀は近親者で営んだ。後日お別れの会を開く予定。

 広島市生まれ。1937年、高等女学校を中退して宝塚音楽歌劇学校に入り宝塚歌劇の娘役スターとして活躍。42年、大映映画「新雪」のヒロインで本格デビューした。戦後、小津安二郎監督の「晩春」(49年)では原節子の親友を、「君の名は」3部作(53~54年)で主人公後宮春樹(佐田啓二)の姉を演じた。55年日活と専属契約。「銀座二十四帖」「乳房よ永遠なれ」(ともに55年)などに主演。57年、主演作「火の鳥」(56年)の井上梅次監督と結婚した。

 また近年各地で再上映の動きが広がった、原爆投下直後の惨状を再現した関川秀雄監督の「ひろしま」(53年)に主演。宝塚進学まで爆心地近くに暮らしたため「微力でも平和につながる作品に出たい」と無償で出演した。59年にフリーとなってからは主にテレビドラマや舞台で活動した。