[PR]

 韓国大統領選は9日、投開票され、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)・前代表(64)が当選を確実にした。KBSテレビなど韓国メディアが伝えた。文氏は9日夜、ソウル中心部で演説し、「あしたから国民みんなの大統領になる」と勝利宣言。朴槿恵(パククネ)前大統領の罷免(ひめん)に伴って行われた今回の選挙で、文氏は朴政権に対する厳しい批判の受け皿になった。

 韓国では李明博(イミョンバク)政権、朴政権と9年にわたって保守政権が続いたが、進歩系に政権交代する。文氏は慰安婦問題の合意について日本政府に再交渉を求めている。安倍政権は応じない構えで、日韓関係が悪化するおそれがある。北朝鮮についても対話を重視するなど外交政策が大きく変わる可能性がある。

 文氏は9日夜の演説で「正義感あふれる国、統合の国、原則と常識が通じる国らしい国をつくるため、共に行動してくれた偉大な国民の偉大な勝利だ」と述べた。また、「統合大統領になる」とも語り、他の候補や支持しなかった有権者との対立解消にも努める考えを強調した。

 文氏は選挙戦で、争点となった米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD(サード))の韓国配備をめぐっては、「次の政府に任せるべきだ」として賛否を明言しなかった。テレビ討論会などでは、北朝鮮の核・ミサイルに備えるために配備が必要だと主張する他の候補から追及されたが、決定的なダメージにはならなかった。

 米国はTHAADの装備をすでに搬入し、事実上運用を始めている。配備撤回は極めて困難で、THAADをめぐる対応が今後の米韓関係の試金石になる。

 文氏は弁護士出身。故盧武鉉(ノムヒョン)元大統領の側近で、盧政権では大統領秘書室長も務めた。2012年の前回選挙で朴前大統領に敗れたものの、知名度が高かった。14年の旅客船セウォル号事故への対応や慰安婦問題の日韓合意などをめぐり、朴政権を追及した。

 朴前大統領の支援者チェ・スンシル被告による国政介入疑惑が明るみに出てからは、大統領の辞任を求める大規模集会にも参加した。選挙では朴政権を批判し続け、「政権交代できなければ水の泡になる」と訴えた。

 選挙戦に入ってからは世論調査で支持率トップを譲らない安定した戦いぶりで保守層にも支持を広げ、中道系の野党第2党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)・元常任共同代表(55)、朴政権で与党だった「自由韓国党」の洪準杓(ホンジュンピョ)・前慶尚南道(キョンサンナムド)知事(62)らを破った。

 暫定投票率は77・2%。今回は任期満了に伴う大統領選ではないため、文氏は中央選挙管理委員会が10日に開票結果を確定し、当選者を決定した時点から大統領に正式に就任する。任期は5年。10日正午から国会で宣誓式が行われる見通し。ただちに大統領秘書室長や首相、閣僚の人選に着手する方針だ。

 ただ、首相の任命には国会の同意が必要で、文政権の与党になる「共に民主党」は国会(定数300)で119議席と過半数に届かない。ほかの政党の協力が得られなかった場合、首相の同意手続きが難航すれば、ほかの閣僚の任命も遅れることになる。(ソウル=東岡徹

     ◇

 韓国大統領選で当選が確実になった文在寅(ムンジェイン)氏が9日深夜、ソウル中心部の光化門広場で行った「勝利宣言」は以下の通り。

     ◇

 愛する国民の皆さん、こんばんは。文在寅です。ありがとうございます。

 正義感あふれる国、統合の国、原則と常識が通じる国らしい国をつくるため、共に行動してくれた偉大な国民の偉大な勝利です。一緒に競った候補たちにも感謝と慰労を伝えたい。新しい韓国のため、その人々も一緒に手をつなぎ、未来のため、一緒に進みます。

 明日から私は、国民みんなの大統領になります。私を支持しなかった人たちにも仕える統合大統領になる。尊敬する国民の皆さん。国民の切実な希望と念願を決して忘れません。

 正義が直ちに通じ、原則を守り、国民が勝つ国を必ずつくります。常識が常識として通じる国らしい国を必ずつくります。力を尽くし、新しい国を必ずつくります。

 国民だけを見て、正しい道を進む偉大な韓国、正義の韓国、誇らしい韓国、堂々とした韓国、その韓国の誇らしい大統領になります。ありがとうございました。

こんなニュースも