[PR]

 1908年に出版されて世界的ベストセラーとなった「赤毛のアン」が映画化され、公開中だ。製作総指揮を務めたケイト・マクドナルド・バトラーは、原作者L・M・モンゴメリの孫。作品はこれまでもたびたび映像化されてきたが、家族が製作に関わったのは初めてという。「いつの時代でも読み継がれる古典のような物語。新たな世代の人たちにもう一度触れてもらいたかった」と話す。

 赤い髪の毛とそばかすがトレードマークの少女アン。カナダのプリンスエドワード島の年老いた兄妹に引き取られ、様々な騒動を巻き起こしながら、周囲はその明るさと豊かな想像力に引き込まれていく。

 これまで祖母の作品など遺産の保全と活用に尽力してきたバトラーは、作品への参加を「夢がかなった」と喜ぶ。特にマシュウ、マリラ兄妹と、アンとの関係の描写にこだわった。「様々な脅威があふれる現代。愛や家族、人間関係といったシンプルな物語は力強く響くはず」

 生まれたとき祖母はすでに他界…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも