[PR]

 ロックバンド「X JAPAN」のリーダーで、激しいドラムプレーで知られるYOSHIKIさんが、16日(米国時間)に米国・ロサンゼルスで頸椎(けいつい)の緊急手術を受けることがわかった。所属事務所が10日、声明を発表した。バンドは、7月に横浜と大阪で公演を予定しているが、開催の有無については、術後の経過を踏まえて検討するという。

 声明では、主治医のコメントも紹介され、「今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、緊急に手術することを決定しました」としている。

 YOSHIKIさんは、ツイッターで「来週首の手術をします。今回は首の前の部分を切開し、人工の椎間板(ついかんばん)を頸椎と頸椎の間に入れます。正直少しこわいです。でも乗り越えます。そして今の時点では7月に予定されている『X JAPAN』のコンサートをやるつもりでいます」と語った。