[PR]

 わらび餅を作り過ぎた和歌山市の老舗お茶屋がツイッターに救われた。

 和歌山市の東ぶらくり丁商店街にある「お茶の諏訪園(すわえん)」。1862年創業の老舗で、たまにわらび餅を作って店頭に並べる。

 8日の朝、店主の娘、永原彩加さん(28)がわらび餅の分量を間違えた。お世話になった人にお礼をしたかった母に頼まれて作っていたが、彩加さんは「別のことに夢中になっていて(母の話を)片手間に聞いてしまっていた」。カップ10個分ほどのはずが、その4、5倍作ってしまったという。普段は片手で数えるほどしか売れないわらび餅が、ショーケースに入りきらないほど出来上がった。

 彩加さんはしばらく休んでいた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら