[PR]

 福島県浪江町で4月29日に発生した山火事は、発生から12日目の10日午後に鎮火した。同県によると、焼失面積は隣の双葉町と合わせて約75ヘクタールにのぼったが、人や建物などへの被害はなかったという。

 火災現場は、東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域内。県が設置した、放射線モニタリングポストには目立った数値の変動がないという。

 消火活動には、自衛隊のヘリなどのべ約150機のほか、地上からものべ約5千人が参加。県や消防は、落雷が出火の原因とみている。