[PR]

 琉球ガラス村グループは6月からベトナムでガラス製品を売り出す。沖縄向けに工芸ガラスを製造している現地法人のベトナム琉球文化工芸村が販売も手掛ける。経済成長著しいベトナム市場で販路を確立し、周辺国への輸出にもつなげる。2020年以降に工場見学やガラス作り体験ができる観光施設を建設する計画もあり、ベトナムを拠点にアジア展開を目指す。(政経部・照屋剛志)

 4月にベトナム政府から、ガラス製品の販売許可を受けた。ベトナム企業の周年記念やパーティーなどでの贈答用品の需要を見込む。土産品や日用品としての需要も掘り起こす。

 現地法人は1995年に設立。沖縄から職人や専門家を派遣し、ベトナム人職人に技術指導してきた。現地スタッフ180人を採用し、年間約100万個を製造している。現在はすべて沖縄に輸出しており、売上高は約2億円。

 ベトナム人職人の技術が向上し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら