[PR]

 インドネシアのボルネオ島中部で、珍しいアルビノ(色素欠乏)のオランウータンが見つかった。絶滅のおそれがあるオランウータンのシンボルになるようにと、保護団体がふさわしい名前を募集している。

 ボルネオオランウータンのメスで推定5歳。白っぽい毛に青い目が特徴で、日光を嫌い、衰弱気味だという。飼育は禁止だが、地元住民がオリに入れていた。「ボルネオ・オランウータン・サバイバル財団」(BOSF)が4月29日に保護し、ケアをしている。

 同種は森林伐採の影響ですみかを急速に失い、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅危惧種」に指定されている。生息数は推定約10万頭で、2025年までに半数以下になるとみられている。

 名前の応募は14日までに、英語かインドネシア語でBOSF(name@orangutan.org.id)へ。15日に結果を発表するという。(ジャカルタ=古谷祐伸)