[PR]

 岡山大病院は11日、広島県で脳死と判定された6歳未満の男の子が提供した両肺を、1歳の女の子に移植した。脳死と判定された6歳未満の子からの臓器提供は7例目で、1歳の子への肺移植は国内最年少。

 岡山大病院によると、移植を受けた1歳の女の子は肺の血管が細くなり肺の動脈圧が高くなる肺高血圧症という難病で、生後まもなく呼吸が難しくなり九州大病院の集中治療室に入院。治療を受けながら、移植の機会を待っていた。

 移植手術は午前9時10分に始まり、約6時間20分後の午後3時半ごろ終了した。容体はよく、すでに移植した肺を使って呼吸しているという。

 執刀した大藤剛宏教授は術後の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら