[PR]

 1703年に発生した元禄関東地震(マグニチュード8・2)と似た型の地震が発生する間隔は、最短で500年程度の可能性があると、東京大学と産業技術総合研究所の研究チームが11日、発表した。従来、平均約2300年だと考えられていた。

 元禄関東地震は、1923年の大正関東地震(関東大震災、同7・9)より広い震源域で発生した大地震で、今後も起こると考えられている。発生の間隔について政府の地震調査委員会は、千葉県南房総市の海岸隆起の痕跡などから2千~2700年(平均2300年)と評価してきた。

 研究チームは、新たに14カ所の掘削や航空測量、貝の化石の詳細な年代分析などから再評価。過去6300年間に元禄型の地震が計5回起き、最短の間隔が500年だったことがわかったという。

 チームの安藤亮輔・東大准教授(地震学)は「技術の進展で地震の痕跡が詳しく示せるようになった。元禄型地震発生のパターンは再評価が必要になるだろう」と話している。(竹野内崇宏)