[PR]

 岸田文雄外相は11日、岸田派の会合で、安倍晋三首相が意欲を示す憲法9条の改正について「今すぐに改正することは考えない」と述べた。9条に自衛隊の存在を明記する憲法改正に言及している首相との間で、お互いの考え方を確認する意向も初めて示した。

 岸田氏は安全保障法制が成立した直後の15年10月の派閥研修会で「当面、9条自体は改正することを考えないのが私たちの立場ではないか」と発言していた。この日の会合では、「今日現在まで考えは変わっていない」と明言。「首相の発言と私の考え方はどこが違うのか、あるいは同じなのか、一度よく確認をしてみたい」と語った。

 ただ、岸田氏は同日の参院外交防衛委員会で、野党から9条改正について首相との認識の違いを問われると「いろんな意見が世の中に存在することはその通りだ」と述べるにとどめた。(笹川翔平)