[PR]

 カフェを併設している書店が大津市内にまた一つできた。「紙離れ」の影響を受けて書籍販売の市場が縮小するなか、お気に入りの本と一緒にくつろげる時間や場所といった付加価値を提供するのが狙いで、利用者にも好評だ。カフェに「書店」を設ける複合施設も現れた。

 4月に新装開店したショッピングセンター(SC)「イオンスタイル大津京」(大津市皇子が丘3丁目)の4階。書店の店頭から本を取り、その足でカフェのカウンターに向かい、コーヒーや軽食を注文する人の行列ができていた。

 イオン系の「未来屋書店」(本社・千葉市)が出店した全国4店舗目の自社直営カフェ併設店だ。

 売り場からカフェへは1回3冊…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら