[PR]

 柏市立土小学校が読書を推進する取り組みを評価され、今年度の「子供の読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰を受けた。石上雅之校長(58)と2人の児童らが8日に柏市役所を訪れ、秋山浩保市長に報告した。

 同校は2013年度、学ぶ意欲と習慣を身につける市の事業「学びづくりフロンティアプロジェクト」に参加し、学校図書館を教育に積極的に利用。図書館の本を、1、2年生は年間100冊▽3、4年生は80冊▽5、6年生は60冊読むと「殿堂入り」するといった取り組みを実施してきた。

 この結果、図書館の利用者が増え、昨年度の1人あたりの読書量は平均で69冊になったという。また、おすすめの本を紹介する書評合戦「ビブリオバトル」を開催し、プレゼンテーション能力も養っている。

 6年の間野泰地さん(11)は「本が大好きになった」、5年の仲山優実(うみ)さん(11)は「本がすらすら読めるようになった」と話した。(上嶋紀雄)