[PR]

 福岡県田川市の吉田(よしだ)秀文(ひでふみ)さん(66)の左の脇腹からは、直径5ミリの管が出ている。吉田さんの命をつなぐカテーテルだ。

 「では、コーヒー休憩」。2月、自宅に集まったマージャン仲間に笑顔で告げると、吉田さんは寝室に消えた。腎臓の代わりに体内の尿毒素などを排出する腹膜透析の作業のためだ。おなかに入れた透析液をカテーテル経由で取り換え、20分後には再び仲間の所に戻り、マージャンを再開した。

 42歳だった1992年、吉田さんはがんで右の腎臓を摘出した。その後、転移を警戒して精密検査を続けた。最初の5年間は半年ごと。その後は年1回だった。

 異常なく過ぎた14年目、担当…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら