[PR]

 お使いのパソコンからウイルスを検出しました――。パソコンに突然、ウイルスの感染を知らせる画面が現れ、駆除を手伝うとうたってクレジットカード情報などをだまし取る詐欺の被害相談が警視庁に相次いでいる。

 同庁によると、パソコンの操作中に白い枠が画面上に現れ、「あなたのパソコンはブロックされました。当社に今すぐ電話ください」などと表示される。そのままにしておくと、今度は「パスワードやパソコン内に保存している写真やクレジットカード情報が盗まれている」との警告画面が出て、「サポート窓口」などと称した電話番号も表示され、「連絡すると、解決することができる」と誘導してくる。

 サポート窓口と称した電話番号に連絡すると、今度は電話口で言葉巧みにクレジットカード情報を聞き取ったり、数万円分の電子マネーをだまし取ったりするという。

 今年1月から5月11日までに警視庁に寄せられた相談は101件にのぼる。昨年1年間にあった同種の相談は約80件だったため、被害が拡大している恐れがあるという。「相談は氷山の一角だと思っている。だまされないよう気をつけてほしい」と呼びかける。

 YouTube警視庁公式チャンネルや、同庁のツイッターでも詐欺の手口を紹介している。(阿部朋美)