[PR]

 米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官の解任を巡り、トランプ大統領は12日、ツイッターで自らの正当性を強調した。また前日には米メディアに、自身が捜査対象かどうかをコミー氏に再三確認したなどと明かし、捜査への強い警戒感をあらわにした。大統領側の言動はつじつまが合わず、メディアなどからの批判が高まっている。

 トランプ氏は12日朝、「ロシアとトランプ陣営の共謀ストーリーは民主党によるでっち上げだ」などと連続でツイートした。

 また、「コミーは報道機関に情報を漏らすのを始める前に、我々の会話の録音テープがないと願えばいいさ!」と書き込んだ。コミー氏が持つ情報が流出するのを恐れているとみられるが、大統領がツイッターで前長官を威嚇するという異常な形だ。

 さらに、この日も「ウソつきメディア」と非難。ホワイトハウスの報道担当者らの説明が一貫していないことが批判されていることを念頭に「完全に正確を期すのは不可能だ」とツイートし、今後、記者会見をやめ、書面配布にすることが「たぶん一番いい」とした。

 トランプ氏は11日、米NBC…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら