写真・図版 

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 2020年度から始まる「大学入学共通テスト(仮称)」に関し、大学入試センターは国語と数学のモデル問題例を公表した。専門家の見方と、センター側による出題の狙いや正答のポイントを紹介する。

<数学>物事を数学的に考える力問う

 この問題は「銅像が最もよく見える位置」を考えることを題材に、物事を数学的に表現する力や構想力、問題を解決した過程を振り返り、意味を考える力を問う。

 設問(2)(i) 三角形の一つの角が鋭角であることを確かめるために、「三角形の二辺とその内角が分かれば、もう一辺の長さが分かる」ことを示す、余弦定理を使うという方法を見いだす力が求められる。正答のためには、余弦や3辺の長さの関係を利用することを、数学的に正しく記述する必要がある。

 設問(2)(ii) 問題の登…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも