[PR]

 大阪市のホームページ(HP)が15日、閲覧できなくなった。市はサイバー攻撃の可能性も含めて調べるとともに、復旧を急いでいる。市によると、15日午前10時14分にHPの異常を知らせる警報が作動し、HPが閲覧できなくなっていた。管理システムもダウンし、編集もできない状態が続いているという。

 市のHPがダウンするのは今年1月にリニューアルして以降初めて。担当者は「それ以前にさかのぼっても障害による全面的なダウンは非常に珍しい」と話す。