[PR]

 赤字が続いている守山市民病院の経営の移行についての市民説明会が16日、同市水保町の速野会館であった。市側は「恩賜(おんし)財団済生会」(東京都)と経営の移行に向けた協議を始めることなどを説明した。参加者からは「(経営移行で)市民に不利益はないのか」「(患者の受け入れ態勢など)具体的なことはいつごろわかるのか」などの声が出た。市は今後、市内の3カ所で説明会を予定している。

 守山市民病院は、診療報酬の改定や医師不足による外来患者の減少などから、資本金21億円に対して、累積赤字が約18億円になるなど、厳しい経営が続いている。

 市は、病院財政の悪化や、医師の確保が難しいことなどを踏まえて、「市直営の病院経営は限界だ」と判断。済生会と経営の移行に向けた協議を進め、来年4月の新病院開設を目指す、としている。建物や土地の取り扱いや病院の運営形態などについては今後、協議するという。

 この日の説明会では、市や市民病院の担当者がこれまでの経緯などを説明し、「市民や職員に不利益がないよう、スムーズな移行に向けて交渉を進めたい」「市民と情報共有をしながら協議を進めたい」などと述べた。(八百板一平)