村上 智彦さん(むらかみ・ともひこ=元夕張市立診療所長)が11日、急性白血病で死去した。56歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻千春さん。

 北海道歌登町(現・枝幸町)出身、金沢医科大などを卒業。07年、財政破綻(はたん)した北海道夕張市の市立診療所を運営する医療法人「夕張希望の杜」理事長兼診療所長に就き、医療再生、在宅医療などに取り組んだ。12年に理事長を辞任。13年、岩見沢市で医療法人「ささえる医療研究所」を設立し、理事長を務めていた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら