[PR]

 「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案をめぐり、野党同士が批判合戦――。日本維新の会が与党との法案修正に合意して賛成に回る方針を決めたことで、他の野党から反発を受けている。与党が衆院で採決を強行する構えをみせる中、「場外乱闘」の様相だ。

 社民党の又市征治幹事長は16日の記者会見で「(取り調べの可視化を)『検討する』ということで修正にもあたらない。維新は自民別動隊だとはっきりした」と批判した。民進党の江田憲司代表代行も「共謀罪がはらむ問題点の核心を避けた修正のための修正だ」と指摘。共産党の小池晃書記局長は「何の役にも立たない修正案を出して賛成するのは維新のお家芸」と皮肉たっぷりに批判している。

 これに対し、維新の馬場伸幸幹事長は16日の会見で「永田町の常識にないことを受け入れられない政党の存在価値がなくなり、永田町から党本部を移さなければならない状況に追い込まれている」と述べ、党本部を賃料節約のため永田町外に移した社民党をあてこすった。(斉藤太郎)