劇団四季の創立メンバーで俳優の日下武史(くさか・たけし、本名日下孟〈くさか・たけし〉)さんが15日、誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため静養先のスペインで死去した。86歳だった。通夜・葬儀は親族のみで営む。後日、お別れ会を開く予定。

 53年に演出家・浅利慶太さんらと劇団四季を結成。「ヴェニスの商人」「鹿鳴館」といった舞台、「鬼平犯科帳」「剣客商売」などのテレビドラマに出演し、声優やナレーターとしても活躍した。独創的な演劇活動を続けたとして96年に紫綬褒章を受章。14年に東京都港区の自由劇場で上演された「思い出を売る男」が最後の舞台となった。