[PR]

 トランプ米大統領がロシアのラブロフ外相と会談した際に機密情報を漏らしたとされる疑惑で、米メディアは16日、提供された情報は同盟国イスラエルが収集したものだったと報じた。「(同盟国が)情報提供を打ち切る危険がある」(パネッタ元国防長官)との懸念が強まっている。

 米紙ニューヨーク・タイムズや米CNNによると、トランプ氏がラブロフ氏らに提供したのは、過激派組織「イスラム国」(IS)に関する情報だったという。トランプ氏は今月下旬にイスラエル訪問を予定しており、この問題が議論される可能性がある。

 トランプ氏は同日、疑惑について記者団から問われ、「(ラブロフ氏とは)素晴らしい会談だった」とだけ答えた。

 これに関し、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は16日の記者会見で、情報のやり取りがあったことを前提としつつも、「それが機密であるか否かには言及しない」と述べた。一方で、大統領が情報源や収集方法、軍事作戦については開示していないとし、「完全に適切だった」と正当化。「大統領は情報源については知らされていなかった」と語った。(ワシントン=佐藤武嗣)

こんなニュースも