[PR]

 山梨市牧丘町倉科の巨峰農家大村勝也さん(73)の庭で藤の花が見ごろを迎え、多くの観光客が訪れている。樹齢約70年といい、花房の長さが3尺(約0・9メートル)ほどになることから「三尺藤の家」と呼ばれている。訪れた人たちは、縁側に座って「すごくきれい」と話しながら、紫と白の藤のカーテンを眺めていた。

 昨年までは観光バスも立ち寄る人気スポットだったが、今年は個人で訪れる観光客を大事にしたいと、断っているという。大村さんは「19日までが見ごろですが、今週末も楽しめます」と話している。