[PR]

 大学野球の近畿学生リーグで17日、国立の和歌山大が初優勝し、全日本大学選手権に初出場を決めた。和歌山大は1924年に野球部創部。50年から近畿学生リーグに所属し、2012年秋から1部に復帰していた。15連覇中の奈良学園大に2連勝し、勝ち点4(9勝3敗)とした。

 和歌山大は二回、土田(1年、山梨学院)の適時打で1点を先行。その後も加点し、貴志(2年、和歌山・桐蔭)―野山(3年、鳥取西)の継投で奈良学園大を4―0で下した。

こんなニュースも