[PR]

 精密機器大手のコニカミノルタが、人間の三つの体臭を嗅ぎ分ける「世界初」の機器の開発に取り組んでいる。職場などでの「スメルハラスメント(スメハラ)」が話題になるなど、体臭ケア市場が拡大していることに目をつけ、年内の発売を目指している。

 開発中の「Kunkun body(クンクン ボディ)」は、「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の三つの体臭の強さを各10段階で表示。においセンサーを複数搭載した小型の装置で、専用アプリを通じてスマートフォンとつなげて使う。

 汗臭はアンモニアなど、ミドル脂臭は、人の皮膚上の細菌が汗の乳酸を取り込んで代謝し発生するジアセチルなど、加齢臭は、ノネナールとそれぞれ異なる。

 臭いが出やすいとされる頭、脇、耳の後ろ、足の4カ所に近づけて、20秒ほど待つと結果が出る。同性・同世代の平均も表示され、自分の体臭レベルと比べることもできる。

 同社によると、臭いの強弱を測…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも