[PR]

 がんで左右の腎臓を失った福岡県田川市の吉田秀文さん(66)は自宅での腹膜透析を始めた。当初は、体内の毒素を除く作業がうまくできなかったが、次第に落ち着いた。

 腹膜透析だけでは十分に毒素が抜けないため、週1回、血液透析のための通院も続けている。毎回5時間、ベッドに寝て動けないほか、通院にも時間がかかる。それでも、以前の週3回から減ったことが満足だ。「仲間とゴルフにも行きやすくなった」

 今春、吉田さんは気になっていたことを主治医の大仲正太郎さんに尋ねた。「先生、なんで最初は反対したんですか?」。1年前、腹膜透析に移ることを相談した時、大仲さんがすぐに賛成しなかったと感じていた。

 大仲さんは驚いた。「反対され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら