[PR]

 国内銀行139行の2016年度末時点のカードローン貸出残高は、前年度より9・4%増えて5兆6024億円に達した。1997年度以来19年ぶりの高水準で、消費者金融など貸金業者の約4兆円を上回る。

 日本銀行が18日公表した「貸出先別貸出金」でわかった。カードローンの伸び率は、13年度末の16・0%をピークに3年連続で下がっているが、銀行の貸出残高全体(482兆7598億円)の3・1%増より大きく、水準は依然として高い。消費者金融には年収の3分の1以下しか貸せない「総量規制」があるが、銀行は総量規制の対象外になっている。

 アパートローンなどの「個人による貸家業」向け貸出残高は、4・1%増の22兆4388億円だった。相続税対策の地主に加え、低金利の銀行融資でアパート経営に乗り出すサラリーマン家主が増えている。(藤田知也)