[PR]

 6月1日のアユ釣り解禁を前に魚の成長具合などを見る試し釣りが18日、富津市の湊川支流で行われた。

 湊川では県内では数少ないアユ釣りができる。アユをふさぐような堰(せき)がないことから天然のアユも遡上(そじょう)してくるが、数が減ってきたことから湊川漁業協同組合が毎年、稚魚を放流している。今年も4月に5万匹を放流した。

 この日は組合員5人が支流の相川で次々とアユを釣り上げていった。大きさはまだ10センチほど。曽子(そし)俊明組合長は「今年は天然のアユが多い。解禁になると15センチ、20センチと成長していき、大きいものだと30センチ近くになる」と話していた。

 漁期は6月1日~9月30日。1日券が2千円、期間中の通し券が5千円。問い合わせは同漁協(0439・67・2355)へ。(堤恭太)