写真・図版

[PR]

 日差しがきつく、汗ばむ日が増えてきました。お弁当の食中毒を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。

 女子栄養大の斉藤守弘教授(食品衛生学)によると、食中毒の原因は細菌、ウイルス、フグなどの自然毒、化学物質、寄生虫がある。いずれも年間を通じて発生するが、気温や湿度が高くなる時期は特に細菌による食中毒が起きやすい。

 「食中毒予防の基本は菌をつけない、増やさない、やっつけること」と斉藤さん。まず菌をつけないために、調理前にしっかりと手を洗い、調理器具や弁当箱はこまめに熱湯や漂白剤で消毒する。

 斉藤さんは「細菌は20度を超えると増殖しやすく、多くが30~40度で最もよく増える」と話す。菌を増やさないためには、食材は10度以下に設定した冷蔵庫で保存する。冷凍した食材は常温で解凍せず、冷蔵庫や電子レンジで解凍する。

 多くの細菌は中心部を75度で…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら