[PR]

 トランプ米政権をめぐる「ロシア疑惑」に、独立した立場で捜査する「特別検察官」のメスが入ることになった。司法省がホワイトハウスに反旗を翻して任命に踏み切った形だ。焦点は、大統領選に介入したロシアとトランプ氏陣営の共謀や、トランプ大統領による司法妨害の有無。疑惑の真相究明は新たな局面に向かう。

■発表30分前、ホワイトハウスに通告

 「特殊な状況下で、通常の指揮系統から独立した権限の下に、今回の捜査を位置づけることが公益にかなうと決断した」

 司法省のローゼンスタイン副長官は17日、声明を出し、「ロシア疑惑」追及のための特別検察官に、マラー元連邦捜査局(FBI)長官を起用した。

 ホワイトハウスにはまったくの「寝耳に水」だった。スパイサー大統領報道官は前日の記者会見で「率直に言って、特別検察官は必要ない」と語っていた。

 米紙ワシントン・ポストによれば、ホワイトハウスに決定が伝わったのは声明が発表される30分前。「お伺い」ではなく、通告だった。連絡を受けた大統領法律顧問のマクガーン氏が大統領執務室に駆け込むと、トランプ氏は「彼らのやるべきことをやらせておけ」と語ったという。

 特別検察官の任命は、司法長官の主管だ。しかし、セッションズ長官は選挙中にロシア側と接触していた「当事者」との批判を受け、「ロシア疑惑」の捜査には関わらないと宣言している。この日も別件でホワイトハウスにいて「長官代行」のローゼンスタイン氏の決定を耳にしたという。

 「反旗」を翻したローゼンスタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら