[PR]

 阪急電鉄と阪急阪神ホテルズ(いずれも本社・大阪市北区)は18日、2020年に開業予定の新しい「宝塚ホテル」の計画概要を発表した。地上5階地下1階建てで、現ホテルのデザインを継承するという。

 発表によると、新ホテルは宝塚大劇場隣にある西駐車場(栄町1丁目)に新築する。敷地面積は約1万2300平方メートルで、延べ床面積は約2万3千平方メートル。

 3~5階部分に現在のホテルより約70室多い約200室の客室を設ける。1、2階部分は宝塚歌劇のディナーショーも開催できる宴会場のほか、カフェレストラン&バイキング、日本料理などの飲食店、ラウンジが入る。

 阪神間モダニズムの代表的建築…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら