[PR]

 情報通信技術を活用した新しい働き方「テレワーク」の拠点施設が今春、郡上市にオープンした。東京や名古屋などの企業が入居し、社員は遠く離れた地方にいながら、都市部の本社勤務と変わらぬ仕事をしている。地域にとっては新事業の創出や移住促進などが期待できるという、新たな試みの現場を見た。

 東京のIT企業「ブイキューブ」のマーケティング本部長、佐藤岳さん(43)は毎朝、郡上市内の古い町屋を改築した自宅から出勤する。市の中心を流れる吉田川の清流を眺めながら約10分歩くと、「郡上クリエイティブテレワークセンター」に到着する。

 その一室が同社のサテライトオフィスで、勤務するのは佐藤さん1人。机には3台のモニターが並び、左側には東京本社で佐藤さんの席の隣に座る部下の姿が常時映し出され、右側には部下の顔のアップと会議室にいる社員が映る。

 音声スイッチをオンにして会議…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら