[PR]

 在英NGO「シリア人権監視団」は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)が同日、アサド政権軍が支配するシリア中部ハマ県東部の二つの村を襲撃し、子供を含む民間人が少なくとも15人死亡したと発表した。ISと政権軍側との交戦で政権側兵士も含めると死者は50人以上にのぼり、IS側もこれまでに15人の死亡が確認されたという。

 ISは2015年4月にも今回襲撃した村の一つを攻撃し、民間人46人を処刑したという。(イスタンブール=其山史晃)

こんなニュースも