[PR]

 7月に大阪市で開かれる日本三大祭りの一つ「天神祭」で、運営する大阪天満宮と関係団体が、祭りの運営や行事から暴力団を締め出す「暴力団排除規程」をつくった。暴力団との関わりを拒否することを明確にし、大阪府警などと連携して対応する。

 規程では「暴力団を利用しない」「全ての行事に暴力団員を参加させない」などと明記。以前から府警の要請を受けており、暴力団排除の機運の高まりを受けて制定を決めたという。御神体を船に乗せて川を渡す最大の神事「船渡御(ふなとぎょ)」への参加や、花火への協賛などに暴力団が関わらないよう警戒する。

 各地の祭りでは、暴力団を締め出す動きが相次いでいる。2012年には京都・祇園祭で、山鉾(やまほこ)連合会が山鉾巡行などの行事に暴力団を関与させないよう排除宣言をしている。