[PR]

 民進党の大西健介・衆院議員の国会発言で名誉を傷つけられたとして、美容外科「高須クリニック」(高須克弥院長)の運営法人が19日、大西氏と民進党、蓮舫代表らに1千万円の損害賠償と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状などによると、大西議員は17日の衆院厚生労働委員会で、美容外科の強引な勧誘の問題を質問。「陳腐な広告が多い」と発言し、例の一つとして「『イエス!まるまる』とクリニック名を連呼するCM」を挙げた。

 クリニック側は、この発言が長年CMで使ってきた「イエス!高須クリニック」を指すことは明らかだと指摘。「陳腐なCMとされた上、悪徳美容外科という誤解を生じさせた」と主張している。

 大西氏は「質疑全体を見れば特定のクリニックの名誉を傷つける内容でないことは理解頂けると思う。主張の内容は分かりませんが困惑しています」との談話を出した。民進党と蓮舫代表は「状況が確認できていないのでコメントは控える」としている。(千葉雄高)