[PR]

 宇都宮市が計画している次世代型路面電車システム(LRT)に関し、県内の2団体が報告書をまとめ、19日、佐藤栄一市長らに提出した。報告書の論点の中心は「LRTのJR宇都宮駅西側延伸の必要性」で、東武線の東武宇都宮駅と早急につなげ、将来的には鹿沼市への延伸も提起した。

 2団体は、県LRT研究会(会長、北村光弘・県商工会議所連合会長)と宇都宮商工会議所の東西基幹公共交通整備特別委員会(委員長、増渕正二・宇都宮商工会議所副会頭)。西側延伸案は宇都宮市も策定中で今年度中に発表する予定。報告書を受け取った佐藤市長は「西側についても動き出している」と答えた。

 市の現計画でLRTは、JR宇都宮駅東口から芳賀・高根沢工業団地までの14・6キロで、事業費は458億円。市は今年度内の着工を目指している。

 報告書が提起したのは、現計画…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら