[PR]

 「内心の自由」を脅かすとの指摘がある「共謀罪」法案が19日、わずか30時間余りの議論で、衆院法務委員会で可決された。

 法案の危険性を指摘してきたジャーナリスト江川紹子さん(58)は怒号が飛び交う採決をどう見たか。

 午後1時過ぎ、「委員外議員」として出席した日本維新の会の丸山穂高氏が「委員長、もういいでしょう」と採決を促す。江川さんは「法務委員でもない人の一言で打ち切り。乱暴」とため息をついた。

 「無効だ」。採決を阻もうとする野党議員らが怒鳴りながら、委員長席に詰め寄る。そばで立ち上がって拍手する与党と維新の議員。江川さんは「委員長が何を言っているかも聞こえない。議論が煮詰まらないまま決めていいの?」。だが、午後1時13分ごろ、法案は可決された。

 委員会は午前9時過ぎから始ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら