[PR]

 「内心の自由」を脅かすとの指摘がある「共謀罪」法案が19日、衆院法務委員会で可決された。

 傍聴席にいた東京都世田谷区の主婦羽立教江さん(76)は採決の後、「十分議論が煮詰まっていない。こんなのひどい」と涙を流した。

 先週の法務委員会も聴きに来た。金田勝年法相も法務省幹部も、野党の追及に明確な答弁ができていないと感じた。「(傍聴席から)声を上げられるなら『なぜ、強引に決めてしまうの』と言いたかった」と声を落とした。

 東京都国立市の西川重則さん(89)は長年国会の傍聴を続け、過去3度の共謀罪が廃案になるのを目の当たりにした。ここ数年、特定秘密保護法や安全保障関連法など、重要法案で採決の強行が続く。「安倍政権は、数の論理で押し通す考え方が板についてしまっている。私は内心の自由を奪われた時代を知っている。戦前の日本に、また一歩近づいた」と憤った。

 国会周辺では、抗議の市民が「共謀罪NO」などと書かれた紙を手に、シュプレヒコールを上げた。

 西東京市の落合ヒデさん(85…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら