[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の特使として訪中した李海瓚(イヘチャン)議員は18日午前、北京で習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。中国外務省によると、李氏は文氏の親書を手渡し、中国が反対する米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の韓国配備を念頭に「中国側の重大な懸念を十分理解している。中国側と緊密に意思疎通し、両国関係の発展を阻害している問題について適切な解決を探りたい」と述べた。

 習氏は会談で、中韓関係を重視しているとしたうえで「政治的な相互信頼を強め、考えの違いを適切に処理して中韓関係を早く正常な軌道に戻したい」と語った。

 文政権は今回、盧武鉉(ノムヒ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも