[PR]

(19日、ソフトバンク2―1西武)

 ソフトバンクの攻撃で珍しいプレーが起きた。四回2死二塁。中村晃の右前安打で二塁走者のデスパイネが三塁ベースをオーバーラン。帰塁しようとした際にデスパイネの手が三塁コーチの村松・外野守備走塁コーチの体に触れ、審判団はアウトを宣告。意外な形で攻守交代となった。

 審判団は、場内マイクで「デスパイネ選手と村松コーチが接触したので、規則を適用し、スリーアウトチェンジとします」と説明した。公認野球規則には、反則行為が適用されるケースとして「三塁または一塁のベースコーチが、走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁、あるいはそれらの離塁を、肉体的に援助したと審判員が認めた場合」と定められており、これが適用されたとみられる。

 工藤監督は審判団に詰めより、6分近く抗議したが、退けられた。