[PR]

 連休も終わり日常生活を送る中で、緊張感を持っていた4月には感じなかった疲労感を自覚していないでしょうか。連休中は生活リズムがくずれていなかったでしょうか。睡眠時間が普段より短すぎたりもしくは長すぎたり、睡眠相が後退していた(遅く寝て遅く起きる)などその後の生活に支障をきたすような睡眠のとり方をしていなかったでしょうか。

 いわゆる「五月病」の症状は多彩です。別の身体・精神疾患から同様の症状が出現することもあるため、続く場合は医療機関での鑑別が必要になる場合もあるのですが、特に「五月病」によくみられる睡眠障害について今回取り上げたいと思います。

 睡眠障害の症状は、不眠、日中の過剰な眠気、睡眠中の異常行動や異常知覚・異常運動、睡眠・覚醒リズムの問題があげられます。原因としては環境や生活習慣によるもの、精神疾患や身体疾患に関連するもの、医療機関より処方されている薬剤、市販薬・嗜好(しこう)品などによるものなどがあげられ鑑別が必要になります。「五月病」の場合は連休中の生活、睡眠リズムのくずれがもたらす入眠障害(なかなか寝付けない)や熟眠障害(しっかり寝た気がしない)、過眠(一日中眠いと感じる)などの症状がみられやすくなります。

 睡眠は疲労回復、体内環境調節…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら