[PR]

(19日、ロッテ4―3楽天)

 8連敗中のロッテを救ったのは、33歳の3番根元俊一だった。十回1死二、三塁、フルカウントから粘った。「なんとか決めてやろうと思った」。8球目、ひざを折りながら落ちる球を引っ張り、右前にはじき返した。一塁上で両腕を突き上げ、今季初のサヨナラ勝ちをチームメートと喜んだ。

 東京都出身。埼玉・花咲徳栄(とくはる)高から東北福祉大を経て、プロ12年目。14日に今季初めて出場選手登録され、5試合全てに先発出場している。「1打席1打席を大事にしていこうと思った」。同点の三回には中前適時打で今季初打点を挙げた。

 本拠でのナイター戦勝利も今季初。伊東監督は「ベテランの域に達しているけど、根元がよくすくってくれた」とほっとした表情を浮かべた。

 ○涌井(ロ) 九回に志願の続投も同点にされ、この回限りで降板。「連敗を止めることしか考えていなかった。追いつかれたけど、1点で抑えた結果がサヨナラ勝ちにつながった」