[PR]

 自転車に乗っていると、「パンクしたらどうしよう」と心配になることがある。そんな不安がまったくなくなる「パンクしないタイヤ」をブリヂストンとブリヂストンサイクルが開発中という。写真を見ると、メラメラと燃えさかる炎のようなデザインが格好いい。2019年の実用化を目指して改良を続けているというが、それまで待ってはいられない。開発を担うブリヂストンの技術センター(東京都小平市)を訪ねた。

     ◇

 新たなタイヤは、空気を使わない「エアフリー」がコンセプト。内側のホイール部分は高い強度と柔軟性を併せ持った熱可塑性(ねつかそせい)樹脂で作られており、外周部にゴムが直接貼られている。空気を入れる必要がないので、当然パンクもしない。

 通常のゴムタイヤは、ゴムタイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも