[PR]

 フィリピンのドゥテルテ大統領は19日、ダバオ市で演説し、中国・北京で習近平(シーチンピン)国家主席と会談した際、「フィリピンが、南シナ海の権益を強く主張するなら戦争になる」と警告されたことを明らかにした。

 ドゥテルテ氏は演説で、習主席らとの15日の会談について触れ、南シナ海での石油探査に意欲を持っていることを伝えた上で、「中国のものだというのはあなたの見方だ。我々のものなのだから、採掘できるというのが我々の考えだ」と会話の内容を明かした。これに対し、「(習主席から)我々は友人でけんかはしたくない。だが、その問題を押し通すなら戦争になる、と言われた」という。

 フィリピンと中国は南シナ海問題で対立関係にあったが、ドゥテルテ氏が昨年10月に習主席と初会談し、中国側から多額の財政融資を取り付けて以来、中国に対する権利主張を控えてきた。ドゥテルテ氏の発言の真意は不明だが、親中的な自らの姿勢への批判をかわす狙いもありそうだ。(ハノイ=鈴木暁子)