天皇、皇后両陛下は20日、東京都港区の迎賓館赤坂離宮で「建築界のノーベル賞」とも呼ばれるプリツカー建築賞の授賞式典に出席した。天皇陛下が風邪の症状を訴えて以降、皇居外での公務は初めて。

 日本での開催は、奈良県の東大寺に続いて28年ぶり2度目。両陛下はスペイン出身の3人の受賞者にメダルが贈られると、拍手でたたえた。その後、受賞者らと懇談。天皇陛下は受賞者に「おめでとう」と声をかけ、和やかに談笑した。