[PR]

 海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が20日、ベトナム中南部の軍事的要衝カムラン湾に寄港した。米太平洋艦隊が主体となり、医療船などの艦艇がアジア太平洋地域を訪問する「パシフィック・パートナーシップ」に合流した。

 いずもは今月1日に海自横須賀基地(神奈川県)を出港。安全保障関連法に基づき初めて護衛艦「さざなみ」とともに米補給艦を防護する任務を実施した後、15日にシンガポール海軍主催の国際観艦式に参加していた。

 多数のヘリコプターを運用でき、医療設備も整ったいずもを報道陣に公開した、第1護衛隊群司令の伍賀祥裕・海将補は、「アジア太平洋地域の平和と安定に対する、我が国のさらなる貢献を示す決意の表れだ」と述べた。

 「パシフィック・パートナーシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも