[PR]

 20日午後0時25分ごろ、福井県越前市粟田部町の市立越前市花筐(かきょう)小学校の校庭で、運動会のために設置されていたテントが風にあおられて倒れた。テント内にいた女性(72)にテントの骨組みが当たり、腰の骨が折れる重傷。同じテントにいた小学4年の女児(9)と男性(35)と女性(64)が軽傷を負った。

 県警や小学校によると、校庭には計17張りのテントを設置。昼休みをとっていたところ、突然砂ぼこりが舞って突風が起こり、テント1張りが横倒しになった。テントの6本の支柱にはそれぞれ約15キロの土囊(どのう)がくくりつけてあったが、浮き上がったという。