[PR]

■古屋圭司・自民党選挙対策委員長

 安倍(自民党)総裁がはっきり自分の(憲法改正についての)希望を述べた。われわれ(自民党)憲法改正推進本部が議論する時期は終わっている。なにを提案するかという時期に来ている。憲法改正推進本部の組織強化をし、具体的にどういう中身に収斂(しゅうれん)していくべきか緊急に進めたい。多くの議員の意見を聞き、最終的には憲法改正推進本部コアメンバーで決め、党内に提案する。丁寧にはやるがスピード感をもってやる必要がある。(自民党改憲案は)何年もかけてやるわけにはいかない。年内をめどに絞り込みたい。(札幌市での講演会と、終了後、記者団の取材に対し)