[PR]

 タイの首都バンコクで22日、軍が運営する病院で爆弾によるとみられる爆発があり、20人以上が負傷した。この日は軍事クーデターから3年の節目で、批判勢力への締め付けを強める軍事政権に反発する者の犯行である可能性がある。軍政が掲げる「国民和解」にはほど遠い状況だ。民政復帰への道のりは曲折が予想される。

 病院1階の爆発現場は周囲にロープが張られ、関係者しか近づけない。テレビ局のカメラマンが撮影しようとすると、軍関係者があわてて制止した。プラウィット副首相兼国防相の名前を冠した待合室に置かれた花瓶に爆弾が仕掛けられていた、と報じている地元メディアもある。病院は主に陸軍関係者やその家族らが利用しており、待合室にいた退役軍人らが、割れたガラスの破片などで負傷したという。

 バンコクでは4月5日と5月15日にも、王宮からさほど遠くない場所で爆発があった。軍幹部は3件の爆発は「同じグループによるもの」との見方を示した。外交筋は「国民和解を掲げながら、批判勢力を力で抑えつけることで表向きの平穏を保ってきた軍政への反発ではないか」とみる。

 タイでは伝統的に、国王を頂点に軍や官僚、都市の知識人らが支配層を形成してきた。しかし2001年に首相に就いたタクシン氏が農村などに支持基盤を確立すると、分断・対立が続くようになった。14年のクーデターも、タクシン氏の実妹のインラック首相に対する反対デモが続く中、軍が秩序回復や政治対立の解消などを名目に起こした。

 軍政は、タクシン派など自らへの批判勢力を力で抑え込んだ。5人以上の政治集会は禁止され、言論統制も強まる一方だ。王室への中傷・侮辱を禁じる不敬罪も、軍政当局が自らへの批判封じに利用しているとの指摘が絶えない。

 国際人権団体ヒューマン・ライ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら